社会・環境活動

トッパングループ地球環境宣言

トッパングループでは「トッパングループ地球環境宣言」を基本理念として、積極的に地球環境の保全に取り組むことを宣言しています。「トッパン環境目標」を環境経営の指標として位置付け、未来を見据えた地球環境の保全を目指し環境活動を推進しています。環境活動の取り組みの一環として、2001年3月に営業本部、2004年4月には、埼玉工場、宮城工場、2005年4月には、佐野工場がISO14001の認証を取得しました。また、2009年6月には、ISO9001の認証を取得しています。

トッパングループ地球環境宣言

品質・環境方針

<企業理念>
「私たちは、常にお客さまの信頼にこたえ、彩りの知と技をもとに、こころをこめた作品を創りだし、 情報・文化の担い手として、ふれあい豊かなくらしに貢献します」との凸版印刷株式会社企業理念のもとに、 事業活動を通じて、お客さまの信頼と満足向上を図るため、下記の活動を推進します。


<品質基本方針>
顧客第一主義に基づき、顧客のニーズを先取りし、業務と製品の質を向上させる ことにより、顧客の満足と信頼を獲得するとともに当社の安定的成長を達成し、 社会に貢献します。

  1. お客さまの要求の変化に合わせて、品質・コスト・納期の継続的改善に努めます。
  2. 製品含有禁止物質等のお客さまの要求事項及び法令規制要求事項を満足する 製品を提供するとともに、品質マネジメントシステムの仕組みを継続的に改善します。


<環境基本方針>
「トッパングループ地球環境宣言」及びトッパングループの「生物多様性に関する基本 方針」に従い、未来を見据えた地球環境の保全に配慮した、事業活動を行うため、 以下の方針に基づき環境保全活動を積極的に推進します。

  1. 事業活動、製品及びサービスが環境に与える影響を捉え、環境パフォーマンスを 向上させるため、環境汚染の防止を推進するとともに、技術的、経済的に可能な 範囲で環境保全の継続的改善を図ります。
  2. 事業活動、製品、サービスに係わる環境関連法令、協定、その他要求事項ならび に自主管理基準を順守することの重要性を認識し、管理します。

環境活動の取り組み概要

トッパングループの「環境活動」は、「トッパングループ地球環境宣言」を基本理念に、主に4つの活動領域があります。

トッパン環境シンボルマーク

トッパン環境シンボルマーク

[環境マネジメント活動]●基本方針1

  • ISO14001認証取得
  • ISO9001認証取得

ISO14001認証取得

ISO認証取得

[エコガード活動]●基本方針2,5

  • 汚染防止/化学物質管理
  • 省エネルギー/省資源
  • 廃棄物管理

[エコクリエイティブ活動]●基本方針3

  • 製品アセスメント
  • 環境配慮型製品の開発/提供

[環境コミュニケーション活動]●基本方針4

  • 地域活動への参加
  • 環境報告書の発行
凸版印刷株式会社 CSRレポート

凸版印刷株式会社
CSRレポート

環境報告書 埼玉工場

環境報告書 埼玉工場

環境報告書 佐野工場

環境報告書 佐野工場

環境報告書 宮城工場

環境報告書 宮城工場

段ボール再生サイクル

役目を果たした段ボールは、完備されたリサイクルシステムにより90%以上がリサイクルされ、段ボール原紙の材料として再生されています。

段ボール再生サイクル

段ボールのリサイクルマーク

リサイクル可能な段ボールであることを示す世界共通のシンボルです。リサイクルマークの表示により、消費者が使用済み容器を分別排出する時の区分が分かり易くなり、リサイクル率の向上が期待できます。また、分別精度の向上による異物混入の減少により再生段ボール原紙品質が向上します。

段ボールのリサイクルマーク

環境活動の歩み

2001年 3月 営業部門(秋葉原)、ISO14001認証取得
2003年 6月 ソニーグリーンパートナー環境
品質認定制度認証取得
2004年 4月 埼玉工場、宮城工場、ISO14001認証取得
7月 サイトレポート初版発行
8月 第1回環境保全活動報告会開催
11月 埼玉県中央広域行政推進協議会研修会開催
2005年 4月 佐野工場、ISO14001認証取得
7月 第2回サイトレポート発行
第2回環境保全活動報告会開催
2006年 4月 ISO14001、2004年版へ移行
VOC排ガス処理設備稼働開始
7月 第3回サイトレポート発行
8月 第3回環境保全活動報告会開催
2007年 4月 ISO14001更新
8月 ボイラー燃料等を都市ガス化
2010年 4月 ISO14001更新
VOC排ガス処理設備

VOC排ガス処理設備